昨日の食べ過ぎで太った!というのは間違いです。戻ります!

ボニック

ボニック詳細はコチラ



昨日の食べ過ぎで太った!というのは間違いです。戻ります!

体内には肝臓に約300g、筋肉に600g(体重70kgの場合)の糖分(グリコーゲン)を
貯蔵する事ができる。暴飲暴食の翌日は、一時的にこの貯蔵量以上にグリコーゲンが
蓄えられる事と、同時に水分も多く蓄えられるため、体重が増加する。

食事を食べて体に変化が出るのは約3日後。実際に食べた量は、
翌日の体重として表れますが、食べ過ぎた場合には、
その後2日間にカロリーを控えるように心掛ければ、
脂肪の増加を抑える事が出来る。

ドクター中松氏が35年間もの間、自分が食べた全ての食事を撮影し、
食べ物が頭の働きや体に与える影響を分析。

食事を食べて体に変化が出るのは3日後であることがわかった。

食べすぎた次の日は、基本的には取りすぎた物を避けること。
また、お肉や炭水化物等はなるべく減らし、
豆腐など豆類や魚、野菜、きのこなどで
食事の満足感はキープしつつ、食事を調整することができる。

1日の食事リズムを整える。5~6時間の間隔を目安に食事を。
食欲がない時は、ムリして食べずに軽めにしておく。

▼部分痩せダイエット!ボニック詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る