水泳ダイエットのすすめ

ボニック

ボニック詳細はコチラ



水泳ダイエットのすすめ

今年の夏こそはスレンダーボディで海に行くんだ。
そんなあなたに。効果絶大水泳ダイエットのすすめです。

水泳ダイエットは泳げなくてもできるダイエット。

水中を歩くだけでもいいんです。
水中は陸上を歩くよりずっと多く負荷がかかるため、カロリーの消費が倍増するのです。
水中では水の抵抗により、足の筋肉だけを使っているように思いますが人間が歩こうとする時は、全身の筋肉を使っています。
そこに負荷が加わることで、力を入れて進まないといけなくなり、結果バランスのいい筋肉が適度につき、その筋肉のおかげで脂肪が燃焼しやすくなります。また筋肉がつくことによって代謝も良くなりますので、汗をかき、ダイエットにもつながるといえるでしょう。

ランニングやマラソンをするより断然いいんです!
汗をかいても水中なので気持ち悪くならないですもんね。
効率よく筋肉をつけちゃいましょう!

水中では水圧がかかります。
その水圧で全身がマッサージされることで、血流がよくなり、たまった老廃物を除去することができるのです。

身体に負担をかけないために、まずは水中ウォーキングからがおすすめです。
泳げない人も簡単にできますので、すぐに始めましょう!

水泳ダイエットのコツ

●歩幅を大きくする
肩まで水に浸かるくらい大きな歩幅で歩きましょう。腕も多く振りましょう。大腰筋が鍛えられ、股関節を伸ばすことができ、骨盤ゆがみの改善につながります。
●スネで水を蹴り上げる
モモを上げて→スネで水を蹴って→足を下ろす(着地)を繰り返します。お尻や足の筋肉を鍛え、ヒップアップが期待できます。しっかりモモを上げて、水を蹴るところがポイントです。
●ヒザにヒジをタッチする
モモを高く上げて歩きます。慣れてきたら、そのヒザに反対のヒジでタッチします。(右ヒザに左のヒジでタッチ)
ウエストをひねるように意識しましょう。
ウエストラインの引き締めに効果的です。

陸上でのウォーキング1時間での消費カロリーは約150キロカロリー。
それに対し、水中ウォーキングは1時間で360キロカロリーも消費できます。

▼部分痩せダイエット!ボニック詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る