魚焼きグリルでお店の味! 鶏もも塩焼き鳥

ボニック詳細はコチラ



魚焼きグリルでお店の味! 鶏もも塩焼き鳥

もも肉に下味を揉み込んでから串に刺したら、しっかり味の塩焼き鳥

材料 (塩焼き鳥12本分)
鶏もも肉2枚(600g位)
白ねぎ2本
・塩(白ねぎ用)小さじ1/2
サラダ油(魚焼きグリルの網に塗る分)適量
■ 鶏もも肉の下味
酒大さじ1
塩小さじ1
砂糖小さじ1
おろしにんにく(チューブ)1cm位
■ 用意するもの
竹串12本
アルミホイル(串に巻く分)適量

1.鶏もも肉は1枚を12切れ(2枚分で合計24切れ)になるように切ってボールに入れ、下味の調味料を加えて揉み込む。

2.白ねぎも24切れに切って別のボールに入れ、塩を振りかけて混ぜておく。

3.串に、白ねぎ→鶏もも肉→白ねぎ→鶏もも肉の順番に刺し、出ている串の部分にアルミホイルを巻く。
(※グリルでの焦げ防止用)

4.キッチンペーパーなどにサラダ油を適量染み込ませ、魚焼きグリルの網に塗る。

5.※魚焼きグリルの受け皿に水を入れるかどうかは、コンロの取扱い説明書をご覧になってください。

6.4の網の上に、3の串に刺したものをのせ、強火で様子を見ながら10~15分位焼く。
(※両面焼きで4本焼いた場合の時間)

7.※両面焼きのグリルの場合はそのままで、片面焼きのグリルの場合は途中でひっくり返して焼いて下さい。

8.焼けたら取り出して、串に巻いていたアルミホイルを取ってお皿に盛りつける。

9.※グリルの網に鶏もも肉がくっついてしまった場合は、取ってから再びサラダ油を塗って2回目を焼いてください。

10.※2回目に焼く時はグリルが熱くなっているので、1回目より短い時間で焼けるようです。

11.※魚焼きグリルがない場合は、熱したフライパンにサラダ油をひいてから塩焼き鳥を入れ、ふたをして両面を焼いてみてください。

12.※鶏もも肉と白ねぎの切る数や串の本数・刺し方は、お好みに合わせて調節してください。

▼部分痩せダイエット!ボニック詳細はこちら


▼新しいボニックプロはコチラ▼


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る