できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !

できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !

新品価格
¥1,000から
(2018/3/10 17:19時点)

できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !

内容紹介
発売3ヶ月で10万部突破!

オバマ大統領やマイクロソフト創業者ビル・ゲイツは超少食で有名。日本でも星野リゾートの星野社長、ジャパネットたかたの高田社長、ビートたけし、タモリ、福山雅治は1日1食。スポーツ界でも小野伸二は1日1食。各界で活躍する人に少食実践者は多く「大食=できる男」という図式は成り立たない。飽食の現代、食ベ過ぎが健康によくないことは周知の事実だが、さらに少食にすることで眠っている本来の能力が目覚め、「できる男」に! 飲み会や接待、会食が多いビジネスマンでもラクラク実践できる「少食ライフ」のススメ。

(以下、目次より)
【少食の効果】
頭が冴える、体が軽くなる、集中力アップ、疲れない、短眠でも大丈夫、
若さがよみがえる、精力絶倫! 、メタボ解消! 、細マッチョになる、加齢臭が消える、
お金の余裕が生まれる、時間の余裕も生まれる
【挫折しないために】
朝食抜きのプチ断食からゆっくりと、
腹八分目が鉄則、飽食に長寿なし、
「やけ食い」「ながら食い」はメンタルの問題、
週末断食で一週間の毒をデトックス、
食べ過ぎたら翌日ファスティングすればOK
【常識のウソ&思い込み】
三食のうち一食は医者のため、
「腹がへるほど好調」が正常体、
過食・甘いもの好きほどイラつく理由、 最終的には若い頃の体重に落ち着く、
「カタカナ食」から「ひらがな食」へ
【少食と健康】
免疫力・自然治癒力が驚異的にアップ、
「食」と「腸」の乱れが万病のもと、
食べ過ぎで血糖値上昇なら食べなきゃ治る
心の病も断食療法で7割治った

内容(「BOOK」データベースより)
飲み会、接待、出張が多くても、残業続きで睡眠不足でも疲れない!体が軽い!記憶力up!小腹がへってもすぐ食うな!3時間の空腹が頭と体をキレッキレに研ぎ澄ます。



“"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る