AKB48センター試験に大苦戦、居眠りも… 9グループ472人が一斉受験

AKB48センター試験に大苦戦、居眠りも… 9グループ472人が一斉受験

『AKB48グループ センター試験』が10日、日本国内6都市10会場、海外3会場で初開催され、国内6グループ、海外3グループのメンバー総勢472人がファン3400人とともに受験した。

 国内ではAKB48(東京)、SKE48(名古屋)、NMB48(大阪)、HKT48(福岡)、NGT48(新潟)、STU48(広島)のメンバーが、海外ではJKT48(インドネシア)、BNK48(タイ)、TPE48(タイ)のメンバーが各会場で受験。試験時間は午前11時から90分間で、2005年12月に誕生したAKB48の12年余りにおよぶ歴史の中から、劇場公演、総選挙、握手会、衣装、振り付け、リスニングなど多岐にわたって全110問(200点満点)が出題された。

 上位16人が「AKB48グループセンター試験特別選抜」として楽曲をリリースできるとあり、本格的に試験勉強をしてきたメンバーもいれば、午前中からの試験とあり、新潟会場の中井りから居眠りするメンバーの姿もちらほら…。名古屋会場の松井珠理奈はマークシートの解答が一つずつズレていることに終盤になって気づき、大焦りする一幕もあった。

 メンバーの試験結果は、3月15日に動画配信サービス「SHOWROOM」で上位100人を発表。一般受験者は3月19日にAKB48オフィシャルサイトで発表される予定。

出典 オリコン 2018年3月10日 18時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る