森高千里、バンドブームの中で「目立つために」築いた“森高ワールド”

森高千里、バンドブームの中で「目立つために」築いた“森高ワールド”

歌手・森高千里(48)が昨年10月、デビュー30周年コンサートとして開催した『TOMORROW NEVER KNOWS』。1991年『ザ・森高』ツアー、1992年『ROCK ALIVE』ツアー、1993年『LUCKY SEVEN』ツアーのセットリストをそれぞれ再現した3公演で全50曲を披露。衣装や振り付け、演出などの細部にもこだわり、新たな伝説を作り上げた。常に新しいものを追求し、少しずつ確立していった“森高ワールド”は、どこからきて、どこへ向かうのか。本人を直撃した。

 森高は、1987年5月25日シングル「NEW SEASON」でデビュー。89年に「17才」でブレイクを果たす。アイドルとしてはトップクラスのルックスを持ちながらもその範疇に収まらず、独自の視点から描かれる歌詞の世界観や、ドラム、ギター、ベース、キーボードなど楽器演奏もこなすアーティストとして独自の立ち位置を確立。「雨」、「私がオバさんになっても」、「渡良瀬橋」、「私の夏」、「気分爽快」、「ララ サンシャイン」など数々のヒット曲を生み出し、男女を問わず多くのファンを獲得した。30周年コンサートのテーマに選んだ90年代前半のツアー3年間はファンやメディアに森高の存在を最も残した全盛期でもあった。

 結婚・出産を機に、メディアなどへの露出を減らしていたが、2012年のデビュー25周年を機に、ライブ活動を再開。25周年の時は、YouTubeでオリジナル楽曲200曲のセルフカバー企画を敢行し、話題を呼んだ。

13年には出身地・熊本県のマスコットキャラクター・くまモンのイメージソングも担当。15年4月からフジテレビの音楽番組『水曜歌謡祭』(~9月)、『Love music』(10月~)の司会。BS-TBS『地球絶景紀行』のナレーションも務めている。そして、30周年。約25年前のライブのセットリストをそっくりそのまま再現しようなんて、すごい発想だ。

 「ちょうど30周年で何か面白いことができたらいいな、と考えていた時に、『ザ・森高』ツアーのライブ映像が出てきて(17年7月にDVD&Blu-rayとして発売)。当時のセットリストを再現したら単純に面白いかな、と思いついたんです。3公演するなら、同じことを3回繰り返すより、全部違っていた方がファンの皆さんにも楽しんでいただけるかな、と思ってやってみようと思ったんですけど…。準備期間が2ヶ月しかなくて! ツアー3本のセットリスト、全部で50曲もあって大変だったのですが、当時来てくださった方、来られなかった方にも楽しんでいただけるのではないかと思い、歌、楽器の猛練習に励みました」。

 30周年コンサートは大成功を収め、3公演のライブ映像は4月から始まる定額制動画配信サービス「Paravi」で初配信されることも決まっている。映像で改めて見ると、歌って踊るその姿は、25年前とライブ映像と比較しても遜色ない。

 「ありがとうございます。25周年を機にライブ活動を再開してからジム通いやボーカルトレーニングを積んでいたので、なんとか(笑)。

本番直前まで、演出、衣装に至るまで修正を繰り返しましたけど、細かくこだわった分、ステージでは思いっきり楽しむことができました。客席の皆さんが当時と変わらない熱い声援を送ってくださって、本当にうれしかったです。当時のことも思い出しながら歌いました。大変でしたけど、やってよかったと思っています」。

 時を経ても、ファンを虜にして止まない“森高ワールド”はどこからきているのか。

 「子どもの頃からピアノを習い、歌うことより楽器を演奏することが好きでした。オーディションで優勝したことがきっかけで歌手デビューすることになったのですが、やるんだったら精一杯やろうと思って。でも当時はバンドブーム全盛で、その中で埋もれてしまわないように、森高千里という存在をアピールするにはどうしたらいいか、どうやったら目立つか、話題にしてもらえるか、ということに必死でした。自分で作詞をすることも、ミニスカートも、どれだけ目立つかというところから入っていった結果だと思います」。

 今年も30周年ファイナル企画として、5月にコンサート3公演が決定。そのエンターテイナーとしての輝きは衰えるところを知らない。

 「30周年を過ぎて、今もステージで歌えることは奇跡だと思います。応援してくださる方、ライブを見に来てくださる方、ファンでいてくれる方々がいるからこそ、大好きなライブができるわけで…。どうすればファンの方に楽しんでもらえるのかを常に考えつつ、楽しんでもらうためなら無謀なチャレンジもして、頑張っていこうと思っています」。

Paraviでは昨年のコンサートはもちろん、91年、92年、93年当時の3本のコンサート映像も配信。当時と2017年の森高の両方を楽しめる。さらにParaviオリジナルコンテンツとして、森高本人が昨年のコンサート映像を見ながら、音楽評論家の小貫信昭氏とともに語り合うオーディオコメンタリー番組『もっと観たくなる森高千里 ザ・森高』『もっと観たくなる森高千里 ROCK ALIVE』『もっと観たくなる森高千里 LUCKY SEVEN』も独占配信される。

■Paraviで配信されるコンテンツの詳細は公式サイトを参照
URL: https://www.paravi.jp

出典 オリコン 2018年3月13日 06時00分

2017年に歌手デビュー30周年を迎え、ますます勢いづく森高千里(C)UP-FRONT CREATE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る