森田剛、宮沢りえとの結婚を後押しした元カノからの「教え」

森田剛、宮沢りえとの結婚を後押しした元カノからの「教え」

宮沢りえ
《本日3月16日に私共は結婚いたしましたことをご報告させていただきます。これからは家族としてお互いを支え合い、刺激し合いながら、豊かに、大切に時を重ねていきたいと思います》

森田剛と宮沢りえがファックスで結婚を発表した。’16年10月に交際が報じられてから、約1年半でのゴールインとなった。

「昨年末から“宮沢りえが妊娠して結婚するらしい”とウワサが流れていました。年明けにも発表されるのではと言われていましたが、ひと足先に結婚した岡田准一さんの影響で先延ばしになったのかもしれません。

発表前にファンクラブ向けに手紙が送られていて、ネット上で話題になっていました。今のところ宮沢さんは妊娠していないと聞いています」(スポーツ紙記者)

宮沢は’09年4月に元プロサーファーの実業家男性と結婚して女児をもうけたが、’16年3月に離婚成立を発表していた。森田は初婚となる。

「3月16日という日に特別な意味はないそうです。ジャニーズタレントが結婚する日は、ほかの所属タレントの発表モノがない日が選ばれますからね。森田さんは1年前から事務所に結婚の意思を伝えていて、やっと念願が叶ったんです」(同・スポーツ紙記者)

大きな決断をした森田なのだが、驚くことに家族には知らせていなかったという。

「森田さんはここ数年、家族とまったく連絡をとっていないようで、今回の結婚に関しても知らせていなかったんです。スナックをやっているお母さんは、結婚発表当日に店の常連客や森田さんのファンから大量のメールが来て知ったほどでした」(森田の知人)

本当に報告を受けていないのだろうか。

森田の母親が経営する埼玉県内のスナックを訪れると、母親は「話せることはないの、ごめんね」と多くを語ろうとはしなかった。

家族にも結婚を明かさなかった森田だが、宮沢との交際のキッカケは、’16年8月に上演された舞台『ビニールの城』での初共演だった。

その2か月後には宮沢の家でのお泊まりが報じられ、立て続けにふたりの旅行やゴルフデートなどもキャッチされた。その後も交際は順調で、今年2月に宮沢は都心のファミリー向けマンションに転居。

「新居は300平方メートルもある超高級マンションです。富裕層ファミリー向けの賃貸物件だそうで、家賃は月150万円超え。

すでに森田さんも移っているという話なので、一緒に住むんでしょうね。小学生の娘さんも、森田さんになついているそうですから」(宮沢の知人)

V6のメンバーで、結婚するのは森田が4人目となる。

「昨年12月23日に岡田准一さんが、女優の宮﨑あおいさんと結婚したばかり。’07年に井ノ原快彦さんが瀬戸朝香さんと結婚し、’16年に長野博さんが白石美帆さんとゴールイン。たまたまでしょうが、4人とも女優をパートナーに選びました」(前出・スポーツ紙記者)

■男気あふれる森田の直撃対応

森田は以前にも、結婚に近づいたことがある。’14年4月に真剣交際が報じられたセクシー女優との熱愛だ。

「お相手は美雪ありすさんです。北海道でモデルとして活躍したあと、北海道みやげとして有名なお菓子のCMに出演していたこともあります。

10年にAVデビューすると、色白な肌と抜群のプロポーションで大人気になりました」(タウン誌ライター)

破局報道が出たこともあったが、自宅マンションを訪れると、ふたりは堂々とツーショットで登場。直撃に対し森田の行動は男気あふれるものだった。同棲しているのかとこちらが尋ねると、彼は美雪をかばうようにこう答えたのだ。

「オレはね、そっとしといてほしいの。彼女の人生もあるし。(中略)オレはしょうがないって半分思ってるからいいんだけど、雑誌に書いたことによって彼女も今後、人生どうなるかわからないから、ちゃんと考えてほしい。

載せようが載せまいが、仕事だからしょうがないと思うけど、傷つくこととか人生を左右するようなこととかは、いくら面白くても書かないでほしいっていうことだけです」

結婚についての問いかけにも、誠実に答えた。

「しないしないしない。するならするでいいし。あなたには関係ないから」

否定しながらも、可能性は残している。美雪がセクシー女優であることについても、森田は理解を示していた。

「職業は関係ない。みんな一緒。人として左右するような書き方はやめてっていうこと」

毅然とした態度を称賛する声は多かった。彼女との結婚も視野に入れていたと言われる。ただ、偏見を乗り越えるのはそう簡単ではない。

「ふたりの左手の薬指にはおそろいのゴールドリングが光っていて、ラブラブだったんですよ。森田クンも彼女に本気でした。

年以上は付き合っていたんじゃないかな。

でも、森田クンのファンは、セクシー女優との交際が許せなかったみたいです。美雪さんにバッシングがあり、森田クンの舞台のチケットの売り上げも落ちた時期があったそうです」(前出・森田の知人)

森田も、自分の置かれている状況が次第にわかってきた。

「世間から厳しい目で見られていることを知り、森田さんは自分の意思を貫くことは難しいと気づいたんでしょう。周囲の人はほとんど彼女との結婚には否定的でした。

彼は改めて自分がアイドルだという立場を理解し、美雪さんとの別れを決意したのではないでしょうか」(同・森田の知人)

V6の一員であるからには、自分勝手な行いは許されない。美雪は’15年7月に引退を発表し、結婚への障害はなくなったかに見えたが、ほどなくして破局を迎えた。

「ほかの3人のお相手である瀬戸さん、白石さん、宮﨑さんは、すべて名の知れた女優さんです。芸能界で今後も生きていく以上、森田さんも結婚相手の“格”を気にしなければなりません。

美雪さんと真剣交際し、同棲生活を送っていたことが結果的に彼に自分の立場を“再認識”させたのかもしれません。宮沢さんとの結婚を決意させたのは、元カノの“教え”だったと言えるでしょう」(芸能レポーター)

美雪との経験で、森田がひと回り人として大きくなったことが宮沢の心を動かしたという声も。

「宮沢さんは『ビニールの城』で初共演するまで、森田さんとは接点がありませんでした。テレビで見て感じていたイメージではなく、間近で見た森田さんが持つ“大人としての魅力”に、彼女の心もガッチリつかまれたのでしょうね」(同・芸能レポーター)

「はじめることが愛なんだ」という言葉をふたりは今、心に刻んでいることだろう。

出典 週刊女性PRIME 2018年3月20日 04時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る