梅沢富美男、半年で12.9キロ減量成功「カラダが変わると気持ちもかわる」

梅沢富美男、半年で12.9キロ減量成功「カラダが変わると気持ちもかわる」

俳優の梅沢富美男(67)が21日、フジテレビ系『バイキング』(毎週月~金 前11:55~後12:55)に出演。昨年8月から「RIZAP」で専属トレーナーとのボディメイクに挑み、約6ヶ月間の挑戦で体重マイナス12.9キロの減量に成功した肉体を披露した。

 女形として「下町の玉三郎」と呼ばれ、艶やかな舞の姿で多くの人を魅了してきた梅沢。年々、お腹まわりがふっくらしてきたことを気にし、肥満による腰痛はもちろん、「女の子にモテたい」との理由から肉体改造に挑んだ。

 この日、番組で披露した肉体にMCの坂上忍やおぎやはぎも驚き。挫折した時もあったという梅沢だが、専属トレーナーの支えに感謝し「カラダが変わると気持ちもかわる」とにんまり。「最近、ガラス(鏡)を見るとこうなる」と、ニコっと笑いポーズをキメた。

 なお、体重のほか、ウエストは、100センチから78センチ(マイナス22センチ)、体脂肪率27.8%から19.5%(マイナス8.6%)、内臓脂肪140.1平方センチメートルから80.1平方センチメートル(マイナス42.8%)という結果となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る