V6森田剛と宮沢りえ結婚の裏で、ジャニーズ幹部が自殺! 報道タブーが発動か?

V6森田剛と宮沢りえ結婚の裏で、ジャニーズ幹部が自殺! 報道タブーが発動か?

 V6の森田剛と宮沢りえが3月16日に結婚を発表した。ジャニーズ事務所を通して、報道各社に両者の署名の入ったFAXを送付した。おめでたいニュースに芸能界が祝福ムードに包まれているが、その一方でくしくも同じ週、ジャニーズ事務所にとって暗い出来事も発覚した。「週刊文春」の報道により、子会社社長が自殺していたことが明らかになったのだ。こちらはジャニーズと付き合いがある日本のほとんどのメディアが一切触れないという異常事態となっている。

 2016年の舞台「ビニールの城」で初共演して意気投合した森田と宮沢は約1年半前から交際を開始、ついに結婚した。森田は初婚、宮沢は再婚となる。今年に入って、宮沢が4月の舞台「ヘッダ・ガブラー」を降板したこと、また日本アカデミー賞授賞式で着用したドレスのお腹回りがゆったりしていたことから、妊娠説も急浮上していた。宮沢の関係者は妊娠を否定している。宮沢は結婚発表の翌々日の18日にイベントに出席し、幸せな様子をのぞかせた。宮沢の女優仲間や森田のジャニーズの先輩・後輩たちからも続々と祝福メッセージが贈られた。

 最近の芸能ニュースは森田と宮沢の結婚一色と言ったところだが、ジャニーズにとってはその裏で重大なことが起きていた。結婚発表の前日発売の文春で、ジャニーズの子会社社長が3月上旬に自殺していたことが表沙汰になったのだ。自殺報道と 結婚発表があまりにも近いタイミングだったことから、意図的なものを感じる関係者もいたようだが「これはただの偶然です。

森田と宮沢の結婚はファンクラブの会員に真っ先に知らせることになっており、前から準備していました」(芸能関係者)

 そもそもジャニーズ関係者の自殺は文春とほんの一部のメディアを除いて、まったく報道されていない。ジャニーズ事務所は上場企業ではないが、日本中に名を知られた超が付くほどの有名企業であること、また自殺の場所に選んだのが会社が入っているビルであったことから、連日報道されてもおかしくないケースなのだが…やはりそこはメディアに大きな力を持つジャニーズだ。

 ワイドショー関係者は「絶対にテレビ局では扱えない案件であることは分 かっているので、正式なルートで問い合わせすらしていない。テレビだけではなく週刊誌やスポーツ紙もジャニーズへの忖度を発動したということですよ」。ジャニーズ事務所も自殺報道を巡っては、かなりピリピリしていたという。世の中、めでたいことばかりではない。その裏では悲しいことも起きている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る