ロバート馬場 20周年でお笑い卒業?「海外へ料理留学したい」

ロバート馬場 20周年でお笑い卒業?「海外へ料理留学したい」

お笑いトリオ「ロバート」の馬場裕之(39)が23日、東京・千代田区のJAビル内農業・農村ギャラリーMinole(ミノーレ)で、料理講座「Minoleよしもと第2弾 ~ロバート馬場オムライス講座 with たけだバーベキュー~」を行った。
 特製のオムライスを作った馬場は、受講生を前に「僕の言っていることをこんなに真剣に聞いてもらえるとは。お笑いのステージではギャグが不発で、この数年、何も手応えなく悩んでいた。それが最近、料理のおかげで手応えを感じている」と笑みを浮かべた。
 台湾では「料理人」の肩書で本を出版するなど、料理のおかげで活動の場が広がった。馬場は「もう自分ではお笑いだと思っていない。年末に予定しているロバートの20周年ライブが終わったら、ピースの綾部みたいに、イタリアやフランス、中国などに料理留学したいと思っている。今は相方が抜けさせてくれないので、お笑いの仕事をする。この後もコント番組の収録がある」と、すでにお笑いに見切りをつけているようだ。
 最近は芸人仲間より、近所のすし店の大将など、料理関係者とばかり飲みに行っているという。馬場は「お笑い論より、プロの料理人と語るほうが楽しいし、勉強になる」と、料理人との交流を楽しんでいる。
 その結果、40歳を前に恋人はいない。「昨日の誕生日は、ラジオ番組のスタッフとお肉を食べに行き、帰ってからは自宅で独り楽しく過ごした。掃除、洗濯、料理も自分でやっている。独り暮らしが楽しくて満足している。ちっとも寂しいと思わない。そろそろ何とかしなきゃとは思うが、独りが楽しい」。この分だと結婚はまだまだ先になりそうだ。

出典 東スポWeb 2018年3月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る