松本人志、激怒したデーモン閣下に同情「がさつなスタッフいる」

松本人志、激怒したデーモン閣下に同情「がさつなスタッフいる」

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(54)が、25日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、歌手・デーモン閣下がNHKのアニメで自身の肖像を無断使用されたと批判したことについて持論を述べた。

松本人志

デーモン閣下は今月15日、自身のブログに「デザイン上『偶然』とか『たまたま』似てしまったではなく、名前も含めて明らかに【吾輩の姿の無断使用】である。言い逃れ不可能! 悪意は無いのかも知れないが、無断で使用された事実にかわりはない。
不快である。心身の損害を被っている。どう落とし前をつけるか、所属プロダクションや某公共放送局と殺生…いや折衝だな」と投稿。怒りをあらわにした。

これについて松本は、「なんでこんなに怒ったのかな。ちょっと怒りすぎ? とは思いました」と語る一方、「扱われる側のタレントは広い心でOKにしてるんですよというのを、作り手側がちょっと意識してくれたらいいなという問題。一言『すみません』があればいいのに」と指摘。「当たり前みたいにやられて、あいさつも何もなく『おいしいでしょ?』という感じがあるとちょっとイラッとするかな」「そういうがさつなスタッフいますよね」とデーモン閣下に同情し、「そこはどこかで感じといてほしい」と制作サイドの配慮を求めていた。

出典 マイナビニュース 2018年3月25日



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る