>【大幅値下げ!】ダイエットはデブ先進国のアメリカから学べ: アメリカで提唱された低エネルギー密度食事法ダイエット術<

【大幅値下げ!】ダイエットはデブ先進国のアメリカから学べ: アメリカで提唱された低エネルギー密度食事法ダイエット術

ダイエットはデブ先進国のアメリカから学べ

内容紹介
今人気のダイエット法としては「糖質制限ダイエット」ではないでしょうか?

現在、日本ではいろいろなダイエット法が謳われていますが、そのほとんどが、こんにゃくやトマトのみを食べるダイエット、あるいは、糖質を制限するといった、何かしらの制限によるダイエットが主流となっています。

しかし、日本よりもずっとダイエットの研究が進んでいるデブ先進国アメリカではどうでしょうか?

アメリカでは、行動科学という、人間の心と体の動きに関する研究と、栄養学をベースとした研究の成果から、低エネルギー密度食事法によるダイエットが提唱されています。

実際に、アメリカの米国保健福祉省では、体重管理の手法として、低エネルギー密度食事法によるダイエットを推進しています。

低エネルギー密度食事法とは、食事全体をエネルギー密度と呼ばれる概念で捉え、行動科学と栄養学の観点から空腹を自由自在にコントロールすることで、好きな食べ物を柔軟に取り込むダイエット方法です。

この本では、これまでの日本で提唱されてきた痩せるための方法を伝えるだけのダイエット法ではなく、海外で研究され、実際に国際科学雑誌に投稿されている研究論文の情報のみに基づき、現在、アメリカで流行し始めている「低エネルギー密度食事法」によるダイエットについて科学的に解説していきます。

結果として、読者のみなさまが、「なぜ痩せるのか」「なぜ低エネルギー密度食事法が重要なのか」を十分に理解した上で、ご自身の健康管理に役立たせて頂けたら幸いです。

この本では、世の中に溢れている「私はこの方法で5キロ痩せました!」といった情報ではなく、適切な実験と研究成果から導き出された方法のみをお伝えし、メディアの造るブームに流されない食事の方法をお伝えいたします。

☆目次のご紹介
第1章:10年遅れた日本のダイエット事情

第2章:食事をエネルギー密度で捉えなおす

第3章:研究によって分かったたエネルギー密度の効果

第4章:空腹をコントロールする食事術

第5章:エネルギー密度が低い食事はなぜ満腹になるのか

第6章:食事前に水を飲め!低エネルギー密度食事法のススメ

第7章:アメリカのダイエットプログラムでは低エネルギー食事法が当たり前

第8章:最後に〜最新の科学情報でセルフハックを〜

第9章:参考文献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る