ダイエット!痩せるホルモンの分泌を促すコツ!

ボニック

ボニック詳細はコチラ



ダイエット!痩せるホルモンの分泌を促すコツ!

①遅い時間の運動は控える

体は21:00以降に眠りの準備に入るので、いくらダイエットをしていても夜の時間帯での激しい運動は控えた方が良いでしょう。

②寝る1時間前にお風呂に入り深部体温を下げる

深部体温とは、内臓の体温のことをいいます。人の身体は、深部体温が下がってくると眠くなるようにできています。
痩せるためのホルモン「成長ホルモン」を出すのに一番効果的な入浴方法は就寝の一時間前までに、
約38度から40度という、いわゆるぬるめの風呂に最低でも10分間、ゆっくりと浸かる事です。

③朝、太陽の光を浴びる

朝、太陽の光を浴びる 寝つきが悪く、どうしても寝れないという方は、
朝起きたら必ず太陽の光を浴びると、生体時計が25時間から24時間にリセットされます。
すると、大体15時間後に眠気が訪れます。

④明りを暗くする

睡眠を誘発するホルモン「メラトニン」は、強い光を浴びると分泌が抑制されてしまうので、
眠る1時間前になったら暗い環境下でリラックスして過ごしましょう。

真っ暗な部屋で眠ることでメラトニンが分泌される
メラトニンとは眠りを誘う作用のある、脳内ホルモンです。
真っ暗な状態で寝ることで、メラトニンは大量に分泌されます。

▼部分痩せダイエット!ボニック詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る