間違いだらけ! 日本人のストレッチ – 大切なのは体の柔軟性ではなくて「自由度」です

間違いだらけ! 日本人のストレッチ – 大切なのは体の柔軟性ではなくて「自由度」です – (ワニブックスPLUS新書)

新品価格
¥950から
(2018/4/10 22:25時点)

間違いだらけ! 日本人のストレッチ – 大切なのは体の柔軟性ではなくて「自由度」です

内容紹介
日本人には「体がかたいコンプレックス」を抱えている人が多いという。すでにやせ気味の女性がダイエットにまい進する姿にダブって見えるほどだ。しかし、メジャーリーガーやプロゴルファーなど数多くのプロアスリートのトレーナーを務めてきた著者に言わせれば、180度開脚して体がベターッと床についても特に良いことはないらしい。むしろ日本人は無理にストレッチをやりすぎて体を痛めがちなのだという。そこで誤ったストレッチをめぐるさまざまな常識を覆して、年齢別、男女別に求められる正しいストレッチとその考え方を提案する。

内容(「BOOK」データベースより)
著者がパーソナルトレーニングで接するクライアントの多くが、「私、体が硬くって…」と申し訳なさそうに話すといいます。ところが、米メジャーリーグのシアトル・マリナーズでのトレーナー経験を通じ、数多くのアメリカ人、中南米諸国出身の選手たちの体を診てきた著者は、日本人の体は硬くない、と断言するのです。「体が硬い」という思い込みで、本来、硬くない体を無理なストレッチで損なってしまうリスクに警鐘を鳴らし、体の「自由度」を上げる正しいストレッチを紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る