スリム体型を目指す女性にとって「ぶどう」は健康的なフルーツだった

ボニック

ボニック詳細はコチラ



スリム体型を目指す女性にとって「ぶどう」は健康的なフルーツだった

美味しくてとても甘い「ぶどう」は糖分が多そうだから太りやすいフルーツだとイメージしていましたが、
実はスリム体型を目指す女性にとってダイエットに取り入れたい果実のひとつです!

ぶどうとはその栄養価の高さからヨーロッパでは「畑のミルク」と呼ばれている。
特に皮と果実の間にポリフェノールが多く含まれています。
これにより、悪玉コレステロールの発生を防いでくれ、体内の血液をサラサラにする
働きがあるといわれており、動脈硬化やがん予防にも期待されています。

このほか、体や脳の働きを高めるビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンC、
血管を丈夫にするビタミンE、血圧を降下させるカリウム、
骨歯を強くするカルシウム、貧血を予防する鉄分なども含んでいます。

ドカッと食べたりして血糖値が急激にグンと上がったら、
その分、インスリンも多く分泌されることになります。
つまりは、「血糖値を急激に上げないこと」が、
食べても太りにくい状況を作るポイントとなるわけです。

ぶどうに含まれるポリフェノールや有機酸、ブドウ種子油に含まれるリノール酸や
オレイン酸をはじめとする様々な成分には、血中の悪玉(LDL)コレステロールを減少させる働きがあります。

血流がよくなれば体温が上がりセルライトと呼ばれる脂肪の塊が付きにくくなるのと、
血流がよくなるということは、基礎代謝も上がります。

基礎代謝が上がると、運動をしていないときでも消費エネルギーが増えるので、
痩せやすい体になれるんです。

ぶどう種子ポリフェノール」の抗酸化作用によって血流を改善することが、むくみをなくすことにつながります。
抗酸化作用がある「ポリフェノール」の中でも、特にその作用が強いと言われるのが、
ぶどうの種子に含まれるポリフェノールの一種「プロアントシアニジン」です。

長年ブドウ種子プロアントシアニジンの研究・開発に取り組んでいるキッコーマンの研究で、
血流や血栓、コレステロール、むくみ、腸内環境などを改善するなどの効果が確認されています。

ポリフェノールには「カテキン」が多く含まれ、 これは腸内環境を整えてくれる効果があります。

▼部分痩せダイエット!ボニック詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る