二の腕やせダイエット

二の腕

ボニック詳細はコチラ



二の腕やせダイエット

ダイエットを始めて順調に体重も体脂肪も減ってきたけど、二の腕のぷにゅぷにゅした部分はなかなか減ってくれない…そんなあなたにオススメの二の腕やせダイエットをご紹介します。

あったかい季節になると、キャミソールやノースリーブを着る機会が増えるけど、二の腕がぷにゅぷにゅたぷんたぷんしてると、ちょっと抵抗がありますね。
遠くの人にお~い!と手を振ると、二の腕がブルンブルプルww

ダイエットをして体重や体脂肪は順調に減ってるのに、どうしても落ちてくれない二の腕。
それにはちゃんと理由があるんです。
まずはそれを押さえておきましょう!

二の腕がやせない理由

二の腕とは、腕の肩から肘までの部分のことをいいますが、この二の腕がたるんで見えてしまうのはなぜでしょうか。
それは筋肉と脂肪の割合で、脂肪の方が割合が高いからです。

脂肪が多ければ多いほど、筋肉が少なければ少ないほど、二の腕はぶるんぶるんしてしまいます。

二の腕には上腕二頭筋と上腕三頭筋という筋肉があります。上腕二頭筋とは、二の腕の内側、力こぶができる部分の筋肉です。
逆に二の腕の外側、いわゆるぷにゅぷにゅの部分が上腕三頭筋です。つまり二の腕がたるんでいる人は、上腕三頭筋が少ないということになるわね。

ではなぜ上腕三頭筋が少なくなりがちなのか。腕の内側の上腕二頭筋は、ものを自分の方に引き寄せたり、何かを持ち上げたりする時に使います。これは日常の生活でとてもよく行う動作なんです。

逆に外側の上腕三頭筋は、ものを押し出す時に使います。この動作は日頃あんまり行いません。
普通に生活していると、上腕二頭筋ばかり鍛えられて、上腕三頭筋はあまり使われないので、自然と筋肉の割合が少なくなり、ぷにゅぷにゅになってしまうのね。

おすすめデスクでエクササイズ!

デスクに座って、手のひらを上に向けて机の上に置きます。

脇をしめて、肩が動かないように、手の甲で机をグググ~ッと押し下げるように力を入れます。
5秒ぐらいこの状態をキープしたら、力をゆるめます。これを10回~15回ぐらい繰り返しましょう。
*効果的に鍛えるために、しっかりと脇をしめることが大事。

▼部分痩せダイエット!ボニック詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る