なんで?食べてないのに太る?ストレスで肥満化

ボニック

ボニック詳細はコチラ



なんで?食べてないのに太る?ストレスで肥満化

ダイエットは女性にとって永遠のテーマ!
実はストレスを感じているひと程、肥満になってしまう研究結果がある!
ついついあまいものに手が伸びてしまう!
今回はストレスが肥満に繋がるメカニズムと対策を紹介

①イライラが甘い物を欲する

強過ぎるストレスは食欲がなくなってしまい、
痩せてしまうという研究結果がある。
ごく弱いストレスを感じた場合は、脳内で興奮を
抑える神経伝達物質「セロトニン」が
減少してイライラを感じる。
しかし、甘い物を食べて糖分を補うと、
セロトニンの量が回復してイライラをおさえる事ができる!

ついつい甘いものに手が伸びでしまう人は、
日常の些細なストレスからセロトニンが減少して、
イライラしてしまっている可能性がある。

②イライラ解消でダイエット

ストレスの原因を取り除いたりストレスを軽くすることができれば、
甘いものを食べてイライラを解消するということがなくなり、
自然とダイエットの成功率は上がるはずです。

③原因の確認

ついつい甘い物を手にしてしまう時、いったいどんな事に
ストレスを感じているのか確認。
本当にささいな原因の場合がありますので、じっくり考えよう。

④ストレスを軽くする

近くに相談できるひとを見つけて相談してみましょう。
誰かに話すだけでもストレスが軽くなる場合あり!
原因の解決に繋がる。

⑤ストレス解消

普段からストレスを溜めないようにしておくと、
些細なストレスも気にならなる。

以上!ストレスデブを卒業して
美人になろう!

▼部分痩せダイエット!ボニック詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る