細っそー!!すぐに「くびれ美人」に変身できる簡単裏ワザ

ボニック

ボニック詳細はコチラ



細っそー!!すぐに「くびれ美人」に変身できる簡単裏ワザ

「美へそダイエット」
美へそダイエットでは、「しなやかな筋肉」を身に着けることができる方法です。
マッチョな筋肉ではなくて、スリムな筋肉・・・これが美へそダイエットのテーマになっています。
「美へそダイエットの基本は、へその周辺に圧をかけるということです。その力を『へそ力』や『腹圧』と呼んでいます。

◎初級者向け
1. 両ひじ、両ひざを床につけます。(四つん這いの状態)
2. おなかを見ながら、ヘソをゆっくり引っ込めて、又戻します。
3. この動作をゆっくり5回やります。5回目は、引っ込めた状態を10秒~30秒維持した後、戻します。
4. これを1日1セットやります。

◎中級者向け
1. 両ひじを床に着けます。
2. 両足は伸ばした状態で太股が着く位にします。
3. おなかを見ながら、ヘソをゆっくり引っ込めて、又戻します。
4. この動作をゆっくり5回やります。5回目は、引っ込めた状態を10秒~30秒維持した後、戻します。
5. これを1日1セットやります。

◎上級者向け
1. 両ひじを床に着けます。
2. 両足を真っ直ぐに伸ばし、つま先をたてます。
3. おなかを見ながら、ヘソをゆっくり引っ込めて、又戻します。
4. この動作をゆっくり5回やります。5回目は、引っ込めた状態を10秒~30秒維持した後、戻します。
5. これを1日1セットやります。

有酸素運動ではないため、脂肪を落としたり体重を減らしたりするエクササイズではありませんが、へそ力アップを習慣化することはウエストだけでなく、姿勢を正しくし、すっきりした体形の維持にも役立つので性別や年齢に関係なくおすすめ!

慣れてくると授業中や通勤電車の中など場所を選ばず、尚且つ誰にも目立つことなく自然に美へそダイエットに励んでいることになり、結果としていつの間にか痩せてる。
一度騙されたと思って紐(ひも)を使ってみる事をお勧めします。
美へそダイエットは紐を使えば、より簡単に実践できるのです!
ひもをヘソの上あたりで巻き、美へそダイエットの基本形でもある、おへそを軽くへこませた状態をキープしたまま紐を縛ります。あとはその状態で日常生活を過ごすのみ。(同時におヘソへの意識を忘れないようにしましょう!)

へそ周辺に圧をかける効果は一時的に思えますが、エクササイズの下地づくりにもなります。シェイプアップがしやすくなるのです」
息を吸うときに胸とお腹が膨らみ、吐くときは両方縮む。実は、この動きができていない人がほとんど! 呼吸によって使われる筋肉は、上半身と下半身をつなぐ役目を担う、大切な場所。正しい呼吸さえすれば、呼吸筋が鍛えられ、全身の筋肉もまたバランスよく使えるようになる。呼吸を正し、くびれの土台作りを。

お腹を見てみると、平面ではありません。縦、横、斜め、そして裏側(腰)の筋肉をバランスよく使う事で、綺麗なくびれに仕上がります。

「ねじりながらロングブレスをすると、本当に体が締まってきます。」「脚を動かさず、体をひねり手を前に出します。」
(美木良介氏)

①両脚を軽く開き、3秒で鼻から息を吸う
②体を水平に回転させ、7秒で一気に口から息を吐く
<ポイント>反対側の腕は前に押し出して腰のひねりを意識する
<実施回数>10秒×左右3回ずつ計1分間行う

▼部分痩せダイエット!ボニック詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る