ボニックの長音波機能とは

ボニックの長音波機能とは
体について無駄な脂肪を落とそうと、ダイエットしても落ちないという場合、運動不足で筋肉がなく、脂肪が燃えないのかもしれません。
そうであるならば、ボニックの超音波機能を使うことで、解決できます。
超音波機能というのは、超音波振動で1秒間に100万回もの振動を加える事で、筋肉の周りについた固い脂肪に刺激を与えて、燃えやすい状態にほぐすのです。
さらに、超音波によるマッサージ機能により、リンパ節も刺激されて、老廃物が排出されやすく、代謝も良くなります。
これにより、これまでダイエットに失敗してきた人も、ボニックを試した見た後に同じようにダイエットをしてみれば、厄介者だった脂肪が燃えて理想的な身体を手に入れる事ができるのです。

 

EMSモードとどう違う?
腹筋を引き締めたいという場合に、従来は運動によって行うのが基本でしたが、最近は電気刺激を与える機器のEMSモードの利用も広く知られるようになっています。
何れも継続的に無理の無い範囲で行えば引き締め効果は出て来ますが、質的な違いが存在します。
運動の場合は腹筋に一点集中して負荷を与えるのが難しい事から、どちらかと言えば周辺の贅肉・脂肪の減少という形から効果が出て来ます。
方法としては主体的に負荷を掛ける必要があるので、若干の苦しさ・辛さに耐える必要性と心理的障壁があります。
一方でEMSモード使用の場合には、一点集中の負荷を掛けるのが可能なのでまず腹筋の硬化・増量の効果が表れ、その延長線上の代謝アップ等の効果で脂肪の減少も見込めるという事になります。
また自身の意識と関係無しに腹筋を動かせるので、心理的障壁は低いものとなります。

 

音波機能にダイエット効果はある?
ボニックは、ボディ用のエクササイズマシーンです。
テレビショッピングや雑誌などで宣伝していて、大きな話題になっています。
これまでのマシーンは、ベルト付きで腰に巻いてシェイプするタイプが主でしたが、これだとウエスト以外の部分には使いにいです。
しかし、ボニックは小ぶりで、身体のどの部分でも使用することが出来ます。
重量も軽量なため、暫く使っていても腕や手が疲れることもありません。
ボニックは、一秒間に100万回もの超高速超音波振動で、運動をしたかのように筋肉に刺激を与えます超音波以外にも、筋肉を動かすEMS(パルス)機能もあり、専用のジェルと使って確実に効果が出る様になっています。
鍛えたい部分に当てるだけですが、最初は試しに腕や足の片方だけやってみると、してない方との差がよくわかります。
効果が実感出来たら、出来れば両方におこなっていった方がよいです。

 

音波モードは痛いの?
EMS機能とは筋肉に働きかけるモードのことを言います。
超音波を使うものは必ずジェルを塗ってから使いますが、これが結構高価な値段がしますので、精製水とキサンタンガムを使って自分で作ることも可能です。
EMS機能の役目は超音波は脂肪細胞を破壊しますが片付けてはくれません、だから体の中の老廃物はそのままになっています。
リンパは体の中の余分なものを外にだすための管なのですが、単体では働かないので筋肉に働きかけるEMS機能の力が必要になります。
EMS機能は痛くないのか?と言うと、普段使っていない機能を運動させると筋肉痛になりますが、これはこの機能にかぎったことではありません。
しかし運動していないのに運動したのと同じ痛みを感じるということは、その効果に素晴らしいものが有るからだということです。

 

音波だけでは痩せない?
エステサロンなどでは超音波で脂肪を溶解するマシンを使って痩せる効果を得る施術があります。
このマシンは脂肪にだけ作用する周波数の超音波を当てるため神経や筋肉、血管などの細胞には全くダメージを与えません。
施術完了後から約3?4日程度で脂肪が燃焼しやすい体になります。
もし超音波だけで痩せなかったり、引き締まらない場合には超音波とハンドマッサージの両方の施術を行なうエステサロンを選択すると良い選択です。
超音波で脂肪をほぐしますが、それだけではほぐせないセルライトがある可能性があり、ハンドマッサージを取り入れることでより効果的な結果を得ることができます。
ハンドマッサージの痩身エステを受けると、経験豊富な施術者が固まったセルライトを潰しほぐします。

▼部分痩せダイエット!ボニック詳細はこちら


▼新しいボニックプロはコチラ▼


ページ上部へ戻る